スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月ネタ 

普通に腐表現です、注意してください。








「簡単じゃねぇか」

目の前にはハクがいた。
照明を落とした真っ白な部屋。
そこに、俺とアイツが向き合って立っていた。


夢ではよくあることだ。


わけのわからない状況に置かれること。
そのわけのわからない状況を、夢の中の自分は把握していること。
そして、ここは夢だと自覚している自分もその中にいること。


「お前は選べばいいだけだ。  俺か、世界か」
まるで、諭すような口ぶりでハクは続ける。
「俺がいることで、お前は世界を操れるほどの力を手にいれることが出来る。
代わりに、お前はお前の世界を失う。
・・・それが俺には絶えられない」
目の前のアイツは、見たこともないくらい辛そうに笑っていた。

世界を操る?俺の世界?
ハクが何を言っているのか、俺にはわからない。

「ようやく、お前に心が許せる奴が出来たんだ。
俺はそれを壊したくない」
けれど、夢の中の俺は、何故だかとても悲しかった。


「さぁ、俺を消せよ、一護」


腕を広げて笑うその姿を見て、涙が出そうだった。



夢の中の世界にとって、俺たちは危険。
夢の中の俺は、コイツに消えて欲しくない。

世界の危機か、俺の我が儘か。




「俺は―――・・・」







* * *








カーテンからもれる光が眩しい。

「・・・変な夢」

結局、夢の中の俺の言葉を聞くことは出来なかった。
「初夢からこんなんかよ・・・」
思わずため息がでる。
今日は1月1日の昼。
昨日夜更かししたせいか、はたまたあの夢のせいか、随分と起きるのが遅くなってしまった。
遊子が怒るかなぁ、と思って起き上がる。


「大丈夫か?」
「うぉっ!?」
部屋にアイツがいた。

「び、びっくりさせんなよ」
「・・・こっちのセリフだ」
呆れかえった白い俺の姿は、夢の中のアイツと似ても似つかない。
「ま、その様子だと大丈夫そうだな」
「大丈夫って・・・」
言葉の途中に指を指され、頬に触れる。
「あ・・・」
気づかないうちに、泣いていた。
高校生にもなって夢で泣くなんて、恥ずかしすぎる。

「しかも、初夢で・・・」
がっくり肩を落とす。
「勘違いしてるようだが、初夢は1日から2日にかけて見る夢だぜ?」
「そうなのか!?」
なぜコイツがそんなこと知ってるかは別として、驚きと初夢があれではない安心感とでいっぱいだった。


「それか、今日は眠れなくしてやってもいいけどな」
「は?」
「もう怖い夢でも見れないように・・・  姫初めっていうのか?」
にやにや笑うハクの顔を殴りとばしたくなった。
「ふざけんな、誰が―――ンっ!?」
いつの間にか零距離まで近づかれ、唇に何かが触れていた。

こっちは生身で、あっちは霊体。
本気になられると、俺は受け身になるしかない。


だけど・・・


(今日だけは、それでいいかも・・・)
くだらない羞恥心は捨てて、アイツに身を委ねることにした。


そう考えてしまうあたり、
夢の中の俺と俺の出す答えは、同じものなのかもしれない。




願わくば、あの夢が正夢になりませんように。





遅れましたが、正月ネタです。
切なめの腐要素あり。
私の大好物であります(^q^)←

この夢の詳細が、年内に書けるようになるのが目標です。
スポンサーサイト
冬コミの通販を全裸待機。 | HOME | 正月に使える名ゼリフ。

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

Calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

  • 夢月 ぐるる

    Author:夢月 ぐるる
    暖かく乾いたところを好む←
    BLEACH、ヘタリア、ポケモン大好き。
    基本夜行性。

ポケモン小説

  • 主人公の名前を設定できます。 デフォルト名は「シュウ」です。 苗字は空欄でお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

  • QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。